忘れられたダンススタイルー大阪のバトルを経て考えた新しいダンスの教え方-New Method for Teaching Dance 1

English on the bottom

大阪遠征のお話の続き。今日は私が遠征を経て考えたことを綴りたいと思います。

THEREALで負けて落ち込んだ気分で電車に乗り、大阪の街の灯りを見ながら、深く考えを巡らせていました。

教えているダンサー生徒たちのレベルを次の段階へ加速するにはどうしたらいいだろう?

みんなの個性を犠牲にせず、それを保ちながら基礎を教えていくにはどうしたらいいだろう?

私の教えているメンバーはまだとても若いけれども、体の動きには無限の創造性があるということをどうやって教えて、それを自然に出しながら踊れるようになるにはどうしたらいいだろうか?

そう考えながら、その日挑んだTHEREALのイベントで見た、若いキッズダンサーやOGクランパーたちのことを思い出しました。

彼らが他のダンサーとは異なっていたことは何だろうかと。

そして、自分の持ち得る知識を深掘りしました。自分がダンサーとして積み重ねたトレーニングや勉強、見てきた世界中のバトルを思い出していきました。

この時にピンときました。

伝統的な方法でダンスを教えるのではなく、自分がやってきた手法とセオリーを駆使して教えていったらいいんじゃないかと。

その教授法は日本のダンススタジオがとるやり方とは異なり、オーソドックスなものとはいえないけれども、彼らが成長していくに従って、よりよい道が拓いていくだろうと思いました。

生徒にフリースタイルダンスをどう教えるか。自分がダンサーとしてのトレーニングでとってきた手法に調査を加えながらプログラムを組みつつあります。

さて、ここからは、新しく実践する教え方”Newメソッド”を少し紹介していこうと思います。

1. 忘れられているダンススタイル

 「HipHop Dance」という言葉で括られ知られているストリートダンスは莫大な範囲を含意します。(私はBreakingを除いたHipHopダンスの元来のスタイルは「Party Dance」と呼んでいます) 

 しかしながら、ここ日本においては1980年代から90年代の(ランニングマンがベースとして知られる)New York発祥のParty Danceスタイルと、(ドギーがベースとして知られる)流行のSwagダンススタイル–この2つがほぼHipHopダンスとして踊られます。

 ですが、日本ではほとんど見ることのない「ストリートダンス」のスタイルがカリフォルニア、NewYork、テネシーで生まれています。Turfing, Flexing, Jookin’やLitefeet, Krumpなどです。

 Krumpに関しては、日本のダンスシーンでよく取り入れられており、ワールドクラスのレベルに達するのも速かったなと実感しています。見ててとてもおもしろい!

 他のダンススタイルに関しては、教えるために必要な最低限の知識を持ち合わせていないのか、ダンサーたちがあまり触れたことがないからなのかはわからないですが、「ほとんど全くと言っていいほど」日本のダンスシーンで目にすることがありません。

 Free∞Spiritの生徒たちには、これらのスタイルを含め、さまざまなダンススタイルの基礎を教えています。アメリカのいろんな地域で発祥したストリートダンスを教えることにより、他の人にはない自分だけのフリースタイルダンスを作っていってほしいと思います。

 さてNewメソッドについてはあと3トピックあるのですが、また後ほど。

I watched the city lights zoom by on the train ride back home after a disappointing loss at THEREAL dance battle in Osaka, Japan. 

I was deep in thought:
What can I do for my students to get them to the next level at a faster rate?  What can I do to improve their foundation without sacrificing their individualism?
Even though they are so young, how can I instill the principles of creative freedom within body movement in them so that dancing becomes more natural?

I then recalled all the young kid and OG krumpers at the event. 

What set them apart from the other dancers?  I dug deep within the pits of my mind, reviewing everything I had come across in my dance career, from training, to my studies, to battles I’ve witnessed around the world.

It was at that moment that something in my head clicked.

Instead of teaching my kids the traditional way, why don’t I apply the methods and theories I had thus far in my dance journey?

Although the approaches will be unorthodox versus the Japanese dance studio method, I believe it will give my students the edge in the future as they continue to mature.

Allow me to explain briefly without giving away all the secrets!

Through my thorough and continued research, I have formed my own methods of teaching freestyle dance to students.

1. The Forgotten Dance Styles

Street Dance, under the umbrella term of Hip Hop Dance (I’m referring to the party dance styles, not breaking, which is the 1st original hip hop dance style) is vast.

In Japan, the New York party dance styles from the 80s to the 90s (with the running man being the base) and new trendy “Swag” dance styles (with the dougie as the base made popular by Kings of Swag) are the two most practiced. 

However, there are many other street dance styles spawned out of places like California, New York, and Tennessee that are heavily overlooked in Japan.  Some of these styles include: Turfing, Flexing, Jookin’ Litefeet, Krump, etc.

*I will point out that Japan has taken up Krump very well, and have progressed extremely quickly to a world-class level, which is fantastic to see! * 

I’m not sure if it’s due to lack of substantial knowledge to teach different styles, or if it’s because dancers aren’t exposed to them that I RARELY see anyone dancing those styles in Japan.

For my students, I am teaching them multiple foundations from different dance styles, from different areas of America, so that they can create their own style and not look like anyone else.

To be continued.

Until next time,

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP